法人車の位置づけ

なんとなく、社用車が減ったように感じる。
昔は、個人企業も大手も、法人車(営業車・社用車)を持ち、ドアには、会社名が書かれていた。
もちろん、見かけなくなったわけではないが、その機会は減ったように思う。

逆に、広告カーは増えているので、社用車の存在が薄れているのかもしれないが・・・。

その原因はいくつもあるだろう。
会社の経費削減として、車体価格、ガソリン代、駐車料金は無視できない。
経費とはいえ、その重みに耐えられず、少なからず、台数を減らした会社も少なくないだろう。

地方にいけば、まだ、その部分の比重は少ないだろうが、都心となるとその額は、膨大なものとなる。

営業車で外回りという習慣は、いつしか、電車やバスとなり・・・・。
っというそうでもなく、レンタカーを多用している企業、また、リース契約で車を確保している企業も多いという。

車社会の日本とはいえ、景気やその他環境によって、若干変わりつつあるということだろう。

そこで、1つ。
愛車の車買換えに車査定や車買取、ディーラー下取りを行った人ありますか?
では、車査定において、社用車は、車査定が可能なのか??
社用車(法人車、営業車、公用車)の車査定・車買取